東京喰種トーキョーグール:re【最終章】

ついに最終章シリーズの東京喰種。 フクロウの喰種=あんてぃくの店長の子供が小説家になってメディアの前で記者会見のシーンから始まりました。 その記者会見の際、「自分は喰種だ。」と公表し、喰種捜査官の金木の監視下となる。
話が急展開すぎて追いつけないので全然理解が追い付いていない‥。 金木が以前と違って真っ黒の服で驚きました。
何があったんだ!って感じでしたよ‥。 金木が結局どっちの味方なのかよくわかりません‥。 トーカちゃんたちと協力するのかと思いきや、特にそうでもなく。戦い会っている喰種とCCGが多すぎてもうよくわかりません。
一番びっくりしたのは、SSレートの喰種オウルの正体が、元CCGの滝沢だったということです。 あの弱そうな滝沢が金木のように最強喰種となって帰ってきたのですから。 3話目でその正体がわかり衝撃的でした。
その次に衝撃だったのが、有馬も隻眼喰種となってアキラの前に現れたことです。 やっと来たー!!っと思いましたね。 有馬は喰種となっても優しい心の持ち主で金木のように拷問され、精神がいかれてしまった滝沢を助けるために 戦うのではなく、言葉や行動で助ける意思を表します。 しかし、滝沢にそんな表現では、伝わりません。
金木と同等レベルに近い強さを持つオウルに勝つことができるのでしょうか?

出演 花江夏樹、石川界人、藤原夏海、佐倉綾音、雨宮天、宮野真守、岸尾だいすけ
監督 渡部穏寛
制作年 2018年
制作国 日本
【hulu】 【映画動画】 【動画】
【動画を見る】 【BlogRanking】 【ビデオパス】 【music.jp】

【hulu】 【動画】 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】
【6】