メイズ・ランナー 最期の迷宮「Maze Runner: The Death Cure」

2014年から上映がスタートしたホラー映画です!! 全世界でNo1になった映画で有名です。そのシリーズ3目が2018年6月に上映されます!ある組織が何のためにこの大迷路を造り、ある特定の人を集め一体何をしようとしているのか‥? 大迷路にエレベーターを使って人々と物資を送り、そこに閉じ込められた人々は必至にこの謎めいた迷路から脱出しようと挑戦しようとするが、夜になると蜘蛛のようなロボットが出現し、襲ってくるのだ。唯一安全な場所から出たくない人々だが、いつまでもそこにいることができないのが現実‥。そこで、迷路から脱出するためにトーマスが皆を引っ張る!! 脱出したあとも、悲劇が続き‥。 今回もスリルがあって面白いです!! ミンホが被検体の一人としてWCKDに捕まっていたらしく、ミンホを助けるためにトーマスたちが列車を襲撃。 この襲撃戦がとっても迫力ありましたよ~! やっぱり大きなスクリーン&大音量の環境で観ると最高ですね! ホルヘとブレンダが最初に列車を襲撃して、それに続いてトーマスとヴィンスが列車に乗り込む。 ホルヘとブレンダが飛行戦闘機のおとりになっている間にトーマスとヴィンスは、何車両かある中列車からミンホたちが捕らわれていると思われる車両を列車から切り離す。 切り離しに成功し、ニュートとフライパンが車輪を切り離すためにガスバーナーで焙っている間にも敵はどんどんトーマス達の方へと向かってくる。そこになんと!ホルヘとブレンダ達が飛行戦闘機を操縦して迎えに来たのです! その戦闘機を使って何をするのかと思えば、車両をクレーンゲームかのように持ち上げてそのまま安全地帯までお持ち帰りだったんですよ! 絶対使い方違うと思うんですけど、そういう風にも使えるんだ~と感心しました(笑)。 その戦闘機を使ってある程度離れた拠点まで飛行し、そこで車両に閉じ込められていた人たちを開放する。 しかし、その車両の中にミンホはいなかったのです。 トーマスたちが目的としていたミンホの救出が失敗し、再びミンホを救出するべくWCKDの都市に乗り込むよう考えるが、ヴィンスが猛反対する。 その理由は、ここにいる人たちを犠牲にしてまでミンホ一人を助けるにはリスクが多きすぎるとのこと。ジャンソンは、テレサになぜそのようなことをしたのかを問い詰めるが、テレサもトーマスの血液を調べたくて仕方ないのでとっとと行ってしまいます。 トーマスとニュートは、ミンホを助けるために敵を倒す、その間にテレサは、トーマスの血液を調べます。 テレサの考えは、的中していたのです! トーマスの血液には、ウイルスの抗体を持っていてしかも、ウイルスに感染してもそのウイルスを破壊できる成分があったのです。 トーマス達とミンホは運よく偶然に出会うことができ久しぶりの再開で抱き合うが、そんなことをしている余裕もなく‥ジャンソンに追いかけられて逃げるのに必死!自分の血液でニュートを救えると知ったトーマスは、戻ろうとするが、生死を彷徨い続けるニュートをここに置いていけないと感じたのかすぐに動こうとしませんでした。 ニュートはついにクランクになってしまい、意識を失ってしまいます。 そのせいでニュートは、トーマスに襲い掛かります。 完全にクランクになったわけではないので、たまに知性を取り戻しますが、トーマスに勢いよく襲い掛かります。 ニュートは、「トーマスお願いだ、殺してくれ」と頼みますが、トーマスにニュートを殺すなんてことができない、だからこそ血清が手元に来るまでは、ニュートを傷つけず踏ん張ろうとしていたのでしょう。 ですが、トーマスに刃物で襲い掛かってから、きっとあれは、ニュート自身がやったことなのでしょう。 自分の心臓を刺していました。体がボロボロのトーマスはテレサの肩を借りてビルの屋上まで行きます。 ビルが炎に覆われていて、追い詰められた二人はもうここまでか‥。と諦めた瞬間!ホルヘ達がトーマスとテレサがいるビルの屋上まで飛行してきてくれたのです! これでトーマスとテレサ全員が助かると思っていたのですが‥テレサが‥。。。 トーマスを先に戦闘機に運んで、次にテレサ!と思っていたのですが、隣の建物が崩壊してテレサが残っているビルのほうに倒れてきたのです‥。それでテレサとそのビルが崩れ落ちてしまい、テレサを救うことはできませんでした。
出演者 ローサ・サラザール、トーマス・サングスター、ディラン・オブライエン、カヤ・スコデラーリオ、ウォルトン・ゴギンズ、キャサリン・マクナマラ、エイダン・ギレン、ナタリー・エマニュエル、ウィル・ポールター、パトリシア・クラークソン
監督 ウェス・ボール
原題 Maze Runner: The Death Cure
製作年 2018年
製作国 アメリカ
【hulu】 【映画動画】 【動画】
【動画を見る】 【BlogRanking】 【ビデオパス】 【music.jp】

【hulu】 【動画】 【動画】