ザ ストレン プリンセス「The Stolen Princess」

この映画は日本で上映が未定の作品です。
昔、魔法使いの男の人が愛する女王をChоrnomor(悪い魔法使い)に誘拐され、悪い魔法使いと戦っていました。 悪い魔法使いに勝って女王を助けようと段を一段上がった瞬間、トラップにかかってしまいます。 女王の愛の力が吸い取られ、魔法使いの魔力も吸い取られてしまうという結果になってしまいます。
その愛の力を得た悪い魔法使いはその力を自分の魔術に使用するという‥。 力を吸収した目的はそのためなんだということがここで分かりました。
ここまでは、この二人のが主体となってますが、ここからは現在の女王ミラと男の人ルスランの愛の物語です。 主人公の男の人は「ルスラン」、ヒロインは「ミラ」。 ルスランはミラが女王だということを知らずに仲良くなり、二人は恋に落ちる。 ある日、突然発生した竜巻にミラが連れていかれてしまう‥。
ルスランは王様からミラが女王だったことを知る。愛するミラを救出するため、ルスランはハムスターを仲間にしたりと続々と困難なことを乗り越えていきます。 一番可愛くて面白いなって思ったのは、あのシュレックの名が靴を履いた猫のような猫が音楽をかけた瞬間に大きくなってトラのように強くなり、音楽が終わると普通の小さくて可愛い子猫に戻るんです!
ルスランの戻しかたが一番可愛かったです。猫じゃらし感覚で本をおもちゃにして気を引いていたんです。
ルスランも強くてかっこいいのですが、ミラも強くてかっこいいです! 中々ミラもたくましくて珍しいヒロインです。 内容的には、よくあるラブストリーですが最後はみんなハッピーエンドなのでお勧めです。
監督 オレグマラミュー
原題 The Stolen Princess/Stolen princess: Ruslan and Ludmila
製作年 2018年
製作国 ウクライナ
上映時間 95分
【hulu】 【映画動画】 【動画】
【動画を見る】 【BlogRanking】 【ビデオパス】 【music.jp】

【hulu】 【動画】 【動画】