アドベンチャー」カテゴリーアーカイブ

ジュラシック・ワールド 炎の王国「Jurassic World: Fallen Kingdom」

2015年にNo.1を獲得した作品の新作が2018年07月13日に上映されます! 前作『ジュラシック・ワールド』の続編として作成されたストーリーになっています。 久しぶりのシリーズだったので、前作の内容がどんなストーリーだったか忘れてしまっていました(笑)。 この作品は、夜のシーンからだったので、あんまりジュラシックワールドを見ている気にならなかったです。 しかし、ヘリコプターで一人の男性を救出するシーンで、どこの島なの?何かいるの?と思いながら凝視していると、ティラノザウルス的な恐竜が闇の中から顔を出し、その救出しようとしている男性を食べようとするシーンで少しびっくりしました(汗)。。 でも!ティラノザウルス的な恐竜から逃げることができ一安心した瞬間にまさかの、海中に住む肉食の恐竜に見事にパクっと食べられちゃいました(笑)。 そのシーンを見て、やっとジュラシック・ワールドぽくなってきた!って感じました。 テーマパークが失敗した後の話なので、もちろんこの映画に出てくる人物は、ほぼ同じ人です。 今までは、恐竜を飼育してきたりと自然に生存しているというよりかは、保護的な感じがしていました。 今作は、島で野生として生存している恐竜たち。 そんなある日、恐竜たちが住んでいる島の火山が噴火するとの予言があり、恐竜の化石や骨の博物館を経営している者が慌てて恐竜たちを守ろうと恐竜たちの移動を指示する。 肉食恐竜を確保することにどれだけの人員が犠牲になり、時間もかかるのかを把握できず‥。 移動の最中に噴火活動が始まり、マグマがどんどん押し寄せ、火山灰・噴石が勢いよく島を覆いつくし始める。 作業中だった人たちも島から逃げることに必死状態。 地下の研究所いいた2人もマグマと一匹の肉食恐竜に襲われ、パニック状態。 このシーンでも結構ハラハラしました(笑)。 こういう肉食動物が人間を襲ってくる感じが洋画では、絶対に一人助かりそうで助からない場合が多いじゃないですか! それを思い出して、「あぁ!!」と叫びながら『男の人食べれられてまう!はよ梯子上って~!!!』ってハラハラ見ていました(笑)。 そのスリルがある映画って中々ないので久しぶりに感じることができて面白かったです。 作品のポスターにも映っているカプセルに2人が閉じ込められて海に放り出されたとき、『カプセルが完璧な防水対策していないやつだ‥。』と思いながらもどこかで『完璧な防水対策!!』と思っている自分がいました。 結果、数匹の恐竜たちしか救出することができず、多くの恐竜を島に残してしまうことになってしまう‥。 この映画で一番いい役している恐竜がティラノサウルスでいつも『最高かよっ!』と思いながら最後まで見ています(笑)。 まだ日本での上映は1か月後ですが、よければ見てみてください~!
出演 クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レビン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ
監督 フアン・アントニオ・バヨナ
原題 Jurassic World: Fallen Kingdom
製作年 2018年
製作国 アメリカ
【動画】 【hulu】 【映画動画】 【動画】 【ビデオパス】
【映画】 【BlogRanking】 【music.jp】 【アニメ】 【dTV】

七つの大罪 戒めの復活

第二期の『七つの大罪』!! ようやく平和が訪れたリオネス王国、その第三王女エリザベスは夢を見る。――闇に包まれる世界。現れる十体の影。何者かと戦うメリオダス。〈七つの大罪〉とともに旅に出るエリザベス。 その話を聞き国王バルトラは眉をひそめるが、王国を救った〈七つの大罪〉へ勲章授与式を開催する。 一方旅に出たギルサンダー、ハウザー、グリアモールの三人はバイロンの町を襲う赤き魔神に遭遇する。力を合わせる三人の前に予想外の人物が現れる‥! 父親代わりであったジバゴの死を看取ったバンの前に、妖精の森で眠るはずのエレインが現れた!何者かに操られるエレインは恋人を愛しく思う気持ちを訴えながら、バンを傷つけてしまう‥。
出演者 梶裕貴、雨宮天、悠木碧、鈴木達央、宮野真守、福山潤、坂本真綾
監督 古田丈司
制作年 2018年
制作国 日本
【動画】 【hulu】 【映画動画】 【動画】 【ビデオパス】
【映画】 【BlogRanking】 【music.jp】 【アニメ】 【dTV】

トゥームレイダー ファースト・ミッション「Tomb Raider」

大人気のアクション洋画『トゥームレイダー』。上映日は2018年3月21日 この作品は、元々アクション・アドベンチャーゲームからきています。 2001年から映画にされ始めました。当初は、大人のララ・クラフトの冒険を描いていました。でも、今回の作品では、 2013年に発売されたゲーム=ララ・クラフトが子供の頃を描かれたストーリーを元に作成されています。 武器も今までとは違って、銃ではなく弓矢なので新鮮です!! 私も2015年くらいにこの作品の題材になったゲームを一度やったことがあるので大体のストーリーは知っているんですが、あやふやでしか覚えていません(笑)。 なので、この映画を見たときに少し懐かしいな~と思いました(笑)。 やっぱり、トゥームレイダーのアクションがすごくかっこよくて好きです。 新作ゲームの発売ももう決まっているみたいで2018年9月14日プレイステーション4/Xbox One/PC(Steam)の予定です!! こちらも楽しみです★
出演 アリシア・ヴィキャンデル、ドミニク・ウェスト、ウォルトン・ゴギンズ、ダニエル・ウー、ハナー・ジョン・カメン、ニック・フロスト
監督 ローアル・ユートハウグ
原題 Tomb Raider
製作年 2018年
製作国 アメリカ
上映時間 118分
【動画】 【hulu】 【映画動画】 【動画】 【ビデオパス】
【映画】 【BlogRanking】 【music.jp】 【アニメ】 【dTV】

メアリと魔女の花「Mary and the Witch’s Flower」

主人公のメアリ=スミス。メアリの両親よりも先におばあちゃんの家にやってきたメアリ。はじめこの主人公の性格は変わってる子だな~と見ていました。でも、自分にはできないかもと不安を抱きながらも挑戦する何事にも一生懸命でいい子だとも思いました。ピーターは、隣町に住むメアリと同い年くらいの少年。 そのことはあまり仲が良くなくてピーターは珍しいメアリの赤髪を見ては『赤毛の子サル』と呼んでいました。こんなあだ名付けるって最低だと思っていたのですが、根っからの悪い男の子ではなさそうなので‥まあまあ(笑)。メアリは、おばあちゃんに「森の中に入ってはいけませんよ」と言われたのにも関わらず黒猫のティブを探すために霧が立ち込めている森に入ってしまう‥。そこで魔法の花を持ったティブを見つけ、一本のほうきを見つける。 そこからが冒険の始まりって感じです! 実は、この魔法の花によって昔たくさんの犠牲者が存在してしまったのです。 その花の存在を魔法の世界から消すためにメアリのおばあちゃんが昔現役の魔女だったときに魔法学校から盗み出し、魔法の使えない世界へと運んできた。 そのことを知っているのは、魔法学校の校長先生と科学の博士とおばあちゃんのみ!! この花を使ってメアリが来たことによってピーターが巻き込まれることになる。 ピーターが連れ去らわれてしまい、メアリが救出に向かう‥が。 「魔法の花とピーターを引き換えに」と条件が!!当然メアリはこの花が一体どれほど恐ろしいものなのかも知らないので素直に持って行ってしまう‥。 当然魔法をうまく宇\使いこなす校長先生たちに卑怯な手を使われピーターと魔法の花療法を奪われてしまう。 メアリは元々魔法が使えることではないのでその最初に知らず知らず使った魔法の花によっての力なのでその効き目が消えれば抵抗・ましてや家に帰ることもできない‥。 ピーターを危機一髪のところで救出!!様々なことがあってメアリの成長も感じれたので少し面白かったです。
出演者 杉咲花、神木隆之介、天海祐希、小日向文世、満島ひかり、佐藤二朗、遠藤憲一、渡辺えり、大竹しのぶ
監督 米林宏昌
制作年 2017年
制作国 日本
上映時間 103分
【動画】 【hulu】 【映画動画】 【動画】 【ビデオパス】
【映画】 【BlogRanking】 【music.jp】 【アニメ】 【dTV】