日本映画, アクション, あ行

漫画からアニメ化され、それが2017年に実写映画として上映されました!! このアニメは少し、見たことがあって豪華な声優さんたちが出演しています。 あらすじは、人間と亜人が住む世界。亜人は人間と同じように普通に生活している。なので、誰が亜人だ!とかは外見だけではわかりません。亜人と人間の違いは、亜人は不死なのです。通常人間だとトラックにひかれたらあっけなく死んでしまうが、亜人がトラックにひかれてもすぐに傷が修復するのでそこで判断することができます。 亜人は自覚なしの人や、自分が亜人と自覚してから世界を乱すような行動をとる悪いものもいる。その役を演じるのが、綾野剛さんです。主人公は、佐藤健さんです。主人公は、悪い亜人をやっつけるために過酷な戦いを繰り広げます。 戦闘中では、傷を負えば体の修復を待つのではなく、自分を殺し、そして生き返るという方法をとる。その理由は、修復よりも時間がかからないからだそうです。 アニメのストーリーも面白くて最高なのですが、実写は実写で出演者が豪華で、一躍話題になりましたね!!綾野剛さんと佐藤健さんの筋肉がすごいなどのニュースも取り上げられていました。
出演 佐藤健、玉山鉄二、城田優、千葉雄大、川栄李奈、山田裕貴、浜辺美波、品川祐、吉行和子、綾野剛、宮野真守
監督 本広克行
制作年 2017年
制作国 日本
上映時間 109分

【hulu】 【映画動画】 【映画】 【アニメ】 【ビデオパス】 【dTV】

日本映画, アニメ, ファンタジー, アドベンチャー, ま行

主人公のメアリ=スミス。メアリの両親よりも先におばあちゃんの家にやってきたメアリ。はじめこの主人公の性格は変わってる子だな~と見ていました。でも、自分にはできないかもと不安を抱きながらも挑戦する何事にも一生懸命でいい子だとも思いました。ピーターは、隣町に住むメアリと同い年くらいの少年。 そのことはあまり仲が良くなくてピーターは珍しいメアリの赤髪を見ては『赤毛の子サル』と呼んでいました。こんなあだ名付けるって最低だと思っていたのですが、根っからの悪い男の子ではなさそうなので‥まあまあ(笑)。メアリは、おばあちゃんに「森の中に入ってはいけませんよ」と言われたのにも関わらず黒猫のティブを探すために霧が立ち込めている森に入ってしまう‥。そこで魔法の花を持ったティブを見つけ、一本のほうきを見つける。 そこからが冒険の始まりって感じです! 実は、この魔法の花によって昔たくさんの犠牲者が存在してしまったのです。 その花の存在を魔法の世界から消すためにメアリのおばあちゃんが昔現役の魔女だったときに魔法学校から盗み出し、魔法の使えない世界へと運んできた。 そのことを知っているのは、魔法学校の校長先生と科学の博士とおばあちゃんのみ!! この花を使ってメアリが来たことによってピーターが巻き込まれることになる。 ピーターが連れ去らわれてしまい、メアリが救出に向かう‥が。 「魔法の花とピーターを引き換えに」と条件が!!当然メアリはこの花が一体どれほど恐ろしいものなのかも知らないので素直に持って行ってしまう‥。 当然魔法をうまく宇\使いこなす校長先生たちに卑怯な手を使われピーターと魔法の花療法を奪われてしまう。 メアリは元々魔法が使えることではないのでその最初に知らず知らず使った魔法の花によっての力なのでその効き目が消えれば抵抗・ましてや家に帰ることもできない‥。 ピーターを危機一髪のところで救出!!様々なことがあってメアリの成長も感じれたので少し面白かったです。
出演者 杉咲花、神木隆之介、天海祐希、小日向文世、満島ひかり、佐藤二朗、遠藤憲一、渡辺えり、大竹しのぶ
監督 米林宏昌
制作年 2017年
制作国 日本
上映時間 103分

【hulu】 【映画動画】 【映画】 【アニメ】 【ビデオパス】 【dTV】

日本映画, アニメ, は行

第2期「響け!ユーフォニアム2」を、主人公の黄前久美子と先輩の田中あすかを軸にして再構成した。吹奏楽コンクール全国大会出場を控えた北宇治高校吹奏楽部。夏が終わり、秋の気配が近づいたある日、低音パートの要でもあり、副部長の田中あすかが退部するかもしれないという事態が発生する。美人でカリスマ性もあり、頼りにされているが、ふとした瞬間に他人を突き放すような冷たさを見せ、本心を見せないあすか。当初はそんなあすかに苦手意識のようなものを抱いていた久美子だが、あすかが退部がするかもしれないと知ったことで自身の中のあすかへの憧れに気付き、一緒に演奏したいという思いが強くなっていく。
出演者 黒沢ともよ、朝井彩加、豊田萌絵、安済知佳、寿美菜子、早見沙織、茅原実里、石谷春貴、沼倉愛美、櫻井孝宏
監督 石原立也、小川太一
制作年 2017年
制作国 日本
上映時間 105分

【hulu】 【映画動画】 【映画】 【アニメ】 【ビデオパス】 【dTV】