洋画, アクション, さ行

–あらすじ–
大人気の作品「ジュマンジ」に出演していたドウェイン・ジョンソンが主人公を演じる作品です。
オープニングのほうでは、ある一人の元FBI人質救出員の男が、その男の家族を人質に取り、その危険な状況から男の人質(家族)を救出するべく、同僚のウィルたちは、男を説得する。
ウィルたちは、うまく隠れて家に忍び込むことに成功!がしかし、その男は、自分の息子を抱えて「こんな最後は嫌だ‥。」とつぶやき、自分の体に装備していた無数の爆弾を起爆させたのです。
その爆弾の衝撃でウィルは左足を失い、義足の生活になってしまうのです。 でも、そんな不幸な事故が起きた後でもサラという美人な妻、双子の子供たちと円満に生活していました。 そんなある日、ウィルは香港に世界一高い高層ビル「ザ・パール」(=空の町)のシステムに携わる仕事で成功する。
その建物は、天国に最も近いと言われるくらいの快適で安全なビルと言われていたのです。 そのビルの持ち主のジャオからの感謝の印としてウィルの家族を高層ビルに招待され、ウィルの仕事と共についてきた家族全員でそのビルに泊まっていました。
ウィルは、ジャオの元に伺い、ビルの天辺の部分であるパールに案内される。 そのパールの空間が凄すぎて驚きました。 その光景とは、鏡が複数枚設置されたような機能を持つモニターがずらりと床から出てきたのです。
その複数枚のモニターには、自分の姿が何枚にもわたって映し出されるので本当に自分が今どこにいるのかわからなくなるくらい混乱します。
最後に驚かされたのは、モニターを全てしまった後、床も天井も壁も透き通ってあたかも自分が浮いているかのような錯覚に陥るほどの世界観を映し出していました。
さすがにあの光景を自分が体験するのは怖すぎて無理ですけど‥。凄いなと感心してました。
パールについての感想は、ここまでにしといて。
ウィルは、ザ・パールの全システムのアクセス権限を持った持ち主で、いつもシステムを管理できるようタブレットを持ち歩いている。 そのタブレットを奪おうという組織が裏で動いていたのです。
身内だと親しんでいた元FBIの仲間にも裏切られ、その後、ジャオの身近にいたボタの組織によってウィルの家族が危険にさらされてしまう。
だが、ボタの組織の連中の諦めが悪く、次々とシステムの停止を行い、火災がみるみる内に98F以上の階層に燃え広がるようにシステムを操作していました。 この急展開にジャオもヘリでの脱出を決心します。
だが、脱出用のヘリの元へ向かうと操縦席には、見知らぬ顔の者が待機指定のです。 そこから組織の連中がジャオの遣い達を殺害し、ジャオ一人と組織が狙っている赤いUSBのようなものを連れて帰ろうとします。
その危機からジャオは、何とか逃れることができ、一番安全な場所に引きこもることにします。 その扉を開くには、ウィル!たった一人このビルのシステムに詳しい者にしかできません。
ウィルは、ビルの中にいる家族を救出するべく、クレーンを操作し、ビルに侵入することに成功! 火災がどんどん広がている状況をテレビが報道していて、ウィルの危険な行為もすべて報道されていました。危険から免れた瞬間にビル周辺でその報道を見ている者たちから安堵の声や、歓声が鳴り響いていました。
警察の人も一人「やった!」と心の声が漏れている人もいました。 それくらいハラハラするシーンでした。
私は、高いところが苦手なので手汗びっしょりでその危機的状況をハラハラしながら見ていました。
ビルの中に公園があり、そこでウィルはサラ・子供たちと再会します。 ここのシーンで平均台の用量で子供を救出することがあったので須賀、ここのシーンもかなりヒヤヒヤしました。 なぜなら、落ちたら確実に死ぬし、炎が燃え盛っているんですよ‥。 そんな死と隣り合わせのところで平均台はやばいですよ。
ビルももろくなっていたので、サラがバランスを崩してしまい、一度落ちかけます。 そこで凄いと思ったのが、子どもの腕力ですよ。 サラが、宙ぶらりんになったとき子供が振り下ろされて落ちちゃうんじゃないかと思っていたら、子供はちゃんとサラに抱き着いて振り下ろされなかったんです。
ここでほっと安心しました。 サラと1人の子供(男の子)二人を磁気のエレベータで脱出させ、残るもう一人の子どもを救出するためにウィルはビルに残ります。
ジャオとウィルは、協力し、組織の連中から娘を救出し、組織が狙っている情報を組織に渡さない方法でパールを最大限に活用していました。
最後娘が人質に取られて危うくウィルが殺されてしまうのかと思いきや、モニターのおかげでなんとか危機的状況を免れ、娘も救出することができました。
ジャオと娘とウィルもビルからの脱出に成功!
家族全員の協力があったからこそ家族全員無事に生還することができたんだな~と感じました。
この作品は、家族愛が凄く伝わってくる映画なので家族と一緒に見に行くのもいいなと思いました。
私のあらすじの中には、記載していませんでしたが、途中ウィルがミッションインポッシブルのドバイでトム・クルーズが披露していた名シーンのようなことをしていました。そのシーンは、ぜひ自分の目で確かめてみてください。
映画館で見ると音響も最高で、なんといっても大きなスクリーンで見るので、クレーンからビルに飛び移るシーンとかすごくハラハラできて楽しく見れました。
出演 ドウェイン・ジョンソン、ネーブ・キャンベル、チン・ハン、ノア・テイラー、ローランド・ムーラー、バイロン・マン、パブロ・シュレイバー、ハンナ・クィンリバン
監督 ローソン・マーシャル・サーバー
原題 Skyscraper
製作年 2018年
製作国 アメリカ

【hulu】 【映画動画】 【映画】 【アニメ】 【ビデオパス】 【dTV】

洋画, アクション, コメディ, アドベンチャー, あ行

前作から大人気のコメディアクション映画第二弾!
主人公のスコットは、前作でのトラブルを起こしたことによりFBIの監視下に2年間の自宅軟禁の日々を送っている真っ只中だったです。 その生活ぶりがとっても面白いんですよ!! 週末に帰ってくる娘のキャシーと一緒に泥棒のごっこで遊んだり、マジックを披露したり‥。残り3日の自宅軟禁! その生活内容が娘を楽しませるためにマジックの練習だったり、ドラムを叩いたり、入浴時間でリラックスしたりと有意義な時間を過ごしていた。スコットがドラムを叩いているときが最高に面白かったです。
ハンクが開発したスーツを着ることによって体長1.5センチになることができる。 そのスーツの応用したものが自動車や、ラボに適用されている。
そのラボというのは、ハンクが妻のジャネットを粒子の世界から救出するための開発装置を作成したりしているところです。 その装置を狙ったゴーストと呼ばれる者が現れる。 そのラボを狙ってきたきっかけは、以前ハンクが作成した、粒子の空間を繋ぐ装置と同様の装置実験で事故があり、その事故のせいで両親を亡くし、自分は幸い生き残ったが、体に後遺症が残っているゴーストと呼ばれる者だったのです。
その事故があったせいで日々体の痛みを抱えながら生きてきたゴースト。その痛みをなくすために粒子の世界を繋ぐ装置が必要なのです。
もちろんハンクとホープは、必死でそのラボを取り戻すために全力を尽くします。 スコットは、ハンクとホープに嫌われている身だが、ジャネットと交信ができる存在だったので、仕方なく連れ出されている感じです。でも、元はアントマンなのでスーツを着ればワスプの補助くらいのことはできていました。 スコットのスーツは、改良が必要なものだったので、勝手に大きくなったり、小さくなったりと正常に動作しないものだったので後々ハプニングが起きます。
そのハプニングがとってもとっても面白かったです。最高ですよ! まず、一つ目に娘が学校に持って行ったトロフィーの中に 以前使用していたスーツを隠していたスーツを取りにいくのですが、ここで中途半端に体がでかくなり、部屋いっぱいに大きくなったりとハラハラするのですが、結局中途半端に小学生並みのサイズでとどまってしまい、ハンクとホープにからかわれていました。そのスーツを隠すために着ていたフードの服がまた笑いを誘うんですよ~!
2つ目は、最後のシーンなんですけど、サイズがでかくなるとその分体力を消耗するんでしょうね‥きっと、 それのせいで海の上で眠くなり眠ってしまったスコット。
どんだけでかくなるの!!ウルトラマン以上にでかくなっていましたよ!きっと!! まぁ~、この作品のいいところと言えば、最後皆ハッピーエンドで終わるところですかね~! ジャネットも無事救出できたし!誰も死ぬことなかったので!とにかく最高作品です!
あっ!もう一つ最高の笑いのシーンを忘れていました。 すこスコットの働く会社の社長がめちゃくちゃ面白いです。 悪い奴らからスコットの情報を聞き出すために自白剤の注射を刺されたんですが、その自白内容が最高すぎでした。 ぺらっぺらでしたよ。 その話の内容が、刑務所で初めて会ったときからの話を話し始めてその話し方が面白すぎました。 永遠とノンストップで話しまくるんですよ。
あんなに面白いキャラの人いないですよ~! ああいう人が同じ職場に居たら毎日爆笑ですね。
アントマン1は、見ていないので何とも言えないのですが、2作目から見ても全然最後まで楽しんでみることができました! ただ、最後がどういうことなのか全く分かりませんが‥。最後の謎めいた部分がすごく気になります。 ホープとジャネットとハンクはどうなったのでしょうか‥? まさか死んじゃったとかではないと思いますけど。。 灰になったぽかったのでそれもないとは言えませんよね。次作が楽しみです!
出演 ポール・ラッド、エヴァンジェリン・リリー、マイケル・ダグラス、マイケル・ペーニャ、ハナー・ジョン・カメン、ローレンス・フィッシュバーン、ウォルトン・ゴギンズ、ミシェル・ファイファー、ジュディ・グリア、アビー・ライダー・フォートソン
監督 86ペイトン・リード
原題 Ant-Man and the Wasp
製作年 2018年
製作国 アメリカ
上映時間 118分

【hulu】 【映画動画】 【映画】 【アニメ】 【ビデオパス】 【dTV】

洋画, アクション, アドベンチャー, ま行

大人気アクション映画の『ミッションインポッシブル』。 ついに今週上映ですね!2018年8月3日上映開始!
迫力ありすぎて、アクション好きにはたまらない映画です! 私ももちろんこのシリーズ全作大好きです!トム・クルーズさんすごいですよね~。 全作では確か‥本当に命綱なしで飛行機にしがみついてた‥命を張った作品。 これは見なきゃ損ですよ~!! 今回は、足が骨折しているのにも関わらず建物の上を全力疾走したり、映画の最後の起爆装置をウォーカーから奪うシーン! トム・クルーズさんは、映画に命を懸けている!などの声も出ています。
イーサンの失態が原因で何者かにより複数のプルトニウムが奪われる事件が発生。世界の3つの都市が核の標的になってしまう。イーサン・ハントとIMFのチームは、核爆発を未然に防ぐため、72時間という限られた時間と少ない手がかりをもとに、正体不明の敵を追う。しかし、タイムリミットが迫る中、イーサンを疑うCIAが敏腕エージェントのウォーカーを送り込んできて、イーサンはウォーカーとの対決を余儀なくされる。
このウォーカーって人中々最初腹立つ性格してますよ~! 飛行機からダイブするとき、稲妻に当たるという危険性があるからイーサンが少し待ってから飛ぼう‥と提案したのにも関わらず言うことを聞かないで飛び降り。 しかも、稲妻に撃たれて気を失うウォーカー。それを必死にイーサンが自分の酸素ボンベをウォーカーに取り付けて助けたのに! 下に着いたときイーサンに向かって「酸素のトラブルか?」って‥何この恩知らずな奴!!!ムカーッ!!
上空からパーティー会場へ乗り込んでプルトニウムが誰かの手に渡るのを防ぐためラークの顔をスキャンし、イーサンがラークに化け、ウォーカーがラークをパーティー会場から連れ出すという作戦だった。だが、ラークは中々手強く、トイレでイーサンとウォーカー二人係でラークと格闘技で戦うが2人ともぼこぼこにされる。 ラークどんだけ強いの!!
ウォーカーは、顔をスキャンしてマスクを作成するPCでラークの顔を一発殴ります。 その一撃でラークは気絶します。でも一つ問題が!その問題というのは、大事なPCが壊れてしまったのです。マスクを作成したくても作成に時間がかかるあげく、トイレに入ってきたヤンキーどもに邪魔されるわで‥。そのヤンキーたちの大きな声でせっかく気絶していたラークが目を覚ます。
そのあとも二人はぼこぼこにされてイーサンが最大のピンチに陥ったときに、前作にも出演していたイルサがラークの顔面を一発撃ちぬく。 早速作戦通りにならなくなってしまう‥。久しぶりの再会を果たしたイーサンとイルサ。イーサンは、なぜイルサがここに居るのかを問う‥がしかし、イルサは答えることができないと拒否する。 イルサに対してイーサンは、「足を洗え」と言うが、イルサに「そういうあなたは?」と言い返されてしまう。そりゃ言い返されるよね~って私も思いました。
イーサンは、仕方なくマスクを装着せずにそのままで続行する決断をする。 イルサは、何度もイーサンにやめておいたほうがいいと助言をしますが、今動かなかったらウィドウが殺され、プルトニウムも誰かの手に渡ってしまうという最悪なことになってしまう。ラークの腕につけていたVIPのバンドを身に着けVIPルームに侵入する。 その時イルサも一緒に。
イーサンは、ウィドウにラークとして近づき、ここから脱出しないと君は殺されると耳打ちする。 その言葉を信じたウィドウは、イーサンの言うとおりに動く。 イーサンは、必死に次から次へと立ち向かってくる敵と戦う。事は大きくなり、発砲まで起きてしまう事態になったが、イルサの助けもありその場から脱出成功!
イーサンは、ラークとしてウィドウに商売の話を持ち掛ける。ウィドウは、あくまでも商売の仲介人だったらしくプルトニウムと交換に以前イーサンが捕らえた極悪人のレーンをパリに護送されてくる護送車を襲撃し連れてこい。という条件だったのです。 護送車を襲撃する=警察官を殺害しないといけなくなるということになるのです。 イーサンにとっては、耐えがたいごとなのですが、ラークとしてやり過ごしているので断ってしまうと怪しまれてしまうと思い、「女子供構わず、相手かまわずだ」と宣言する。
でも実際には、護送車を襲撃するというよりもレーンが乗せられた護送車を海に突き落として自分たちは警察官と戦わずに来るまで逃走するというオチになりました! イーサンらしいです。 ここからとっても面白かったです! イーサンがバイクで逃走するシーンがあるのですが、ウォーカーのバイクはちゃんと動いたのにイーサンが使うバイクのエンジンが中々かからなくて警察に追いつかれそうになるのです。
ギリギリのところでイーサンのバイクが動き出し、そこから超スリル満点のバイク逃走劇が始まります! いやぁ~最高でした! イーサンは、ルーサーたちに救出してくれと頼む。逃げ切れるのかな?やばいんじゃないかな?!ってハラハラドキドキで見ていたのですが、さらに驚くことが起きたのです!
それは、イーサンが後ろのパトカーを気にして後方を確認し、前方を見た瞬間横から黒い車が!! ここでイーサンは、バイクごと吹っ飛びます。 足を引きずって逃走するイーサン。周りには、大勢の警察官!もう捕まってしまう!ここまでか!って誰もが思うシーンでしたよ~あれは! ですが、その危機的状況も推定されていたんですね。 見事イーサンは、下水道からの迎え船に乗って逃れることに成功!! 何この期待裏切られた感!最高すぎ!!
無事にウォーカーとも合流し、レーンも護送車から連れ出すことができた。 後は、基地に戻るだけ!だったが、覆面を被った黒バイに乗った何者かがレーンを狙って狙撃してくるのだ。 イーサンは、レーンと自分以外のメンバーを全員下し、黒バイから逃げる。 その黒バイに乗った者の正体は、なんとイルサだったのです。 イルサは、イーサンにとって大事な女性で傷つけることをしたくないが、レーンを殺されては、取引が成立せず、プルトニウムの回収ができなくなる‥。
イーサンは、仕方なく、イルサを車で引きその場から離れる。後々イーサンとイルサは、木陰で再会する。その時に、イーサンはイルサの体を気遣う。
ここから少し端折って最後のヘリコプターの話を書きたいと思います。 ウォーカーの正体は、ラークだったのです!! ラークが核爆弾の起爆装置を保持していて、イーサンが必死にラークから起爆装置を奪おうとヘリコプターに飛びついて操縦したりと‥。 ここのシーン、イーサンとっても面白かったです!!ここ一番のお気に入りです!
ヘリコプターについている荷物をラークが乗っているヘリコプターに当てようとしたりしますが、惜しくも外しちゃったり。 ヘリコプターの操縦も無茶苦茶すぎて最終的には、エンジンから火が出てましたからね。 イーサンは、焦りつつも「頑張れ頑張れ」とヘリコプターに言いながら必死に操縦してました。 ヘリコプターでの戦いとバイクでの逃走シーンが最高でした! 私にとってはこの2つのシーンが最高で忘れられません!!
あと、最後に笑ったイーサンの顔も最高でしたよ~!
シリーズを通して数々のスタントに挑んできたクルーズが、今作ではヘリコプターを自ら操縦するアクションシーンで、アクロバット飛行にも挑戦した。前作に続いてクリストファー・マッカリーがメガホンをとり、シリーズで初めて2作連続の監督を務めた。
出演 トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヴィング・レイムス、レベッカ・ファーガソン、アレック・ボールドウィン、ミシェル・モナハン、ヘンリー・カヴィル、ヴァネッサ・カービー、ショーン・ハリス、アンジェラ・バセット
監督 クリストファー・マッカリー
原題 Mission: Impossible Fallout
製作年 2018年
製作国 アメリカ
上映時間 147分

【hulu】 【映画動画】 【映画】 【アニメ】 【ビデオパス】 【dTV】