洋画, アクション, あ行

イドが鉄くずだらけのごみの中から見かけはAIの脳を持ったロボットを拾う。
イドは町医者で様々な部品をきれいに修正することで有名であった。 AIのロボットも胴体がなかったがきれいに修理されていた。 そのAIは記憶をなくしたまま自分の名前を思い出すこともできない。
その少女につけた名前は「アリータ」。イドの今は亡き娘の名前。 それとアリータにつけた胴体は元々娘のために作られたものだったのだ。
アリータはそのことを後から知る。 そして、アリータは本当のイドを知る。イドはハンター(汚れ仕事をしていた)だったのだ。 ヒューゴとも仲良くなり、二人の時間も増えやがて恋をする。
しかし、アリータは元々上の世界に居た存在。 その世界で暮らしていたことは一切覚えていない。 戦いをしたときに過去の記憶がよみがえる。
アリータは、自分が300年前に失われたはずの最終兵器として作られたことを知り、そんな兵器としての彼女を破壊するため、次々と凶悪な殺人サイボーグが送り込まれてくる。アリータは、あどけない少女の外見とは裏腹の驚異的な格闘スキルをもって、迫り来る敵たちを圧倒していく。
だが、その戦いのせいで大事なものを次々と失ってしまうことになる。
ヒューゴも命を狙われ、二人で上の世界で過ごすこともできなくなってしまう。ヒューゴが倒れた時涙腺崩壊しそうになりました。 アリータがどんどん可哀そうになってきます。でも、その経験からアリータはみるみるうちに強くそしてたくましくなっていきます。 話の続きが気になります! アリータ2はいつ出るのしょうか!!わくわく
出演 ローサ・サラザール、クリストフ・ヴァルツ、ジェニファー・コネリー、マハーシャラ・アリ、ジャッキー・アール・ヘイリー、エイザ・ゴンザレス、エド・スクライン、ラナ・コンドル、エル・ラモント、マルコ・サロール
監督 ロバート・ロドリゲス
原題 Alita: Battle Angel
製作年 2018年
製作国 アメリカ、カナダ
上映時間 122分

【hulu】 【映画】 【アニメ】 【ビデオパス】 【dTV】

洋画, アクション, ファンタジー, あ行

地上で生きる人間とアトランティスで生きる人類。生きる世界が違う者同士が偶然出会いそこで恋に落ちる。 しかも、アトランティスの王女と恋に落ちた地上に生きる男性。
その二人の間に生まれた少年の名はアーサー。 アーサーには地上と海底の世界を繋ぐそういう存在になって欲しいと母の願いがあった。
母はアトランティス帝国に戻るように警告され、夫とアーサーを危険なことから守るため潔く自分で戻るように決断する。 母は必ず戻るから私を忘れないで・と言い海の中へ。
それから月は経ち、アーサーがすっかりたくましくなり‥海賊を倒すくらいの偉大さに育った。 アーサーの住む町でもアクアマンという名でアーサーは有名人だった。
アーサーは海に住む生き物と心を通じ合わせることができ、海底の人類ともかかわることができる。 しかし、地上に生きる人間と海底の人類の混血の子ということでのけ者扱いをされる。
そんなアーサーに今から起こる戦いを止めてほしいと現在の王女メラに依頼される。 しかし、アーサー自身は自分は関係ない、王でもなければ何もできることはないなどと断り続ける。 悲劇はここから始まり、父親を乗せた車ごと津波に飲まれてしまう。
メラが運良く助けに来てくれたおかげで父親は息を取り戻した。 そこでメラに感謝し、メラからの依頼を引き受けることにする。 (現在の王はアーサーの弟オーム) オームを止めてほしい‥本当の王はアーサーなの。と言われ続けるアーサー。
アーサーは戦いを止めるために母から受け継いできた武器ではオームに勝つことができず、トライデントを手に入れるためメラとアーサーは探し求める! なんと!母との再会も‥!!!
母との再会ができたときのシーンは感動ものです。 涙腺崩壊しそうになりながらこらえるの必死でした。今のところこの映画は今年一かな~と思い位最高傑作だと思います。 アクションでありながらもこういう感動させるような場面もあるってなかなかいい作品だと思いました。
出演 ジェイソン・モモア、アンバー・ハード、ウィレム・デフォー、パトリック・ウィルソン、ドルフ・ラングレン、アンバー・ハード、ニコール・キッドマン
監督 ジェームズ・ワン
原題 Aquaman
製作年 2018年
製作国 アメリカ/オーストラリア
上映時間 143分

【hulu】 【映画】 【アニメ】 【ビデオパス】 【dTV】

洋画, アクション, コメディ, アドベンチャー, あ行

前作から大人気のコメディアクション映画第二弾!
主人公のスコットは、前作でのトラブルを起こしたことによりFBIの監視下に2年間の自宅軟禁の日々を送っている真っ只中だったです。 その生活ぶりがとっても面白いんですよ!! 週末に帰ってくる娘のキャシーと一緒に泥棒のごっこで遊んだり、マジックを披露したり‥。残り3日の自宅軟禁! その生活内容が娘を楽しませるためにマジックの練習だったり、ドラムを叩いたり、入浴時間でリラックスしたりと有意義な時間を過ごしていた。スコットがドラムを叩いているときが最高に面白かったです。
ハンクが開発したスーツを着ることによって体長1.5センチになることができる。 そのスーツの応用したものが自動車や、ラボに適用されている。
そのラボというのは、ハンクが妻のジャネットを粒子の世界から救出するための開発装置を作成したりしているところです。 その装置を狙ったゴーストと呼ばれる者が現れる。 そのラボを狙ってきたきっかけは、以前ハンクが作成した、粒子の空間を繋ぐ装置と同様の装置実験で事故があり、その事故のせいで両親を亡くし、自分は幸い生き残ったが、体に後遺症が残っているゴーストと呼ばれる者だったのです。
その事故があったせいで日々体の痛みを抱えながら生きてきたゴースト。その痛みをなくすために粒子の世界を繋ぐ装置が必要なのです。
もちろんハンクとホープは、必死でそのラボを取り戻すために全力を尽くします。 スコットは、ハンクとホープに嫌われている身だが、ジャネットと交信ができる存在だったので、仕方なく連れ出されている感じです。でも、元はアントマンなのでスーツを着ればワスプの補助くらいのことはできていました。 スコットのスーツは、改良が必要なものだったので、勝手に大きくなったり、小さくなったりと正常に動作しないものだったので後々ハプニングが起きます。
そのハプニングがとってもとっても面白かったです。最高ですよ! まず、一つ目に娘が学校に持って行ったトロフィーの中に 以前使用していたスーツを隠していたスーツを取りにいくのですが、ここで中途半端に体がでかくなり、部屋いっぱいに大きくなったりとハラハラするのですが、結局中途半端に小学生並みのサイズでとどまってしまい、ハンクとホープにからかわれていました。そのスーツを隠すために着ていたフードの服がまた笑いを誘うんですよ~!
2つ目は、最後のシーンなんですけど、サイズがでかくなるとその分体力を消耗するんでしょうね‥きっと、 それのせいで海の上で眠くなり眠ってしまったスコット。
どんだけでかくなるの!!ウルトラマン以上にでかくなっていましたよ!きっと!! まぁ~、この作品のいいところと言えば、最後皆ハッピーエンドで終わるところですかね~! ジャネットも無事救出できたし!誰も死ぬことなかったので!とにかく最高作品です!
あっ!もう一つ最高の笑いのシーンを忘れていました。 すこスコットの働く会社の社長がめちゃくちゃ面白いです。 悪い奴らからスコットの情報を聞き出すために自白剤の注射を刺されたんですが、その自白内容が最高すぎでした。 ぺらっぺらでしたよ。 その話の内容が、刑務所で初めて会ったときからの話を話し始めてその話し方が面白すぎました。 永遠とノンストップで話しまくるんですよ。
あんなに面白いキャラの人いないですよ~! ああいう人が同じ職場に居たら毎日爆笑ですね。
アントマン1は、見ていないので何とも言えないのですが、2作目から見ても全然最後まで楽しんでみることができました! ただ、最後がどういうことなのか全く分かりませんが‥。最後の謎めいた部分がすごく気になります。 ホープとジャネットとハンクはどうなったのでしょうか‥? まさか死んじゃったとかではないと思いますけど。。 灰になったぽかったのでそれもないとは言えませんよね。次作が楽しみです!
出演 ポール・ラッド、エヴァンジェリン・リリー、マイケル・ダグラス、マイケル・ペーニャ、ハナー・ジョン・カメン、ローレンス・フィッシュバーン、ウォルトン・ゴギンズ、ミシェル・ファイファー、ジュディ・グリア、アビー・ライダー・フォートソン
監督 86ペイトン・リード
原題 Ant-Man and the Wasp
製作年 2018年
製作国 アメリカ
上映時間 118分

【hulu】 【映画】 【アニメ】 【ビデオパス】 【dTV】