洋画, アニメ, ファンタジー, アドベンチャー, ら行

ハリネズミのラッテとリスのチュム。
ハリネズミのラッテたちが住む森では、干ばつが進み、森に住む動物たちは水に飢えていた。
そんな中で水を見つけた場合、かぼちゃに水を溜めるという約束ごとがあり、ラッテ以外の動物たちは約束を守ってカボチャに少量の水を溜めていた。
ラッテだけがカボチャに水を溜めていなかった理由は、森に住む動物たちにハリネズミのことを悪く言う習慣があったからだ。
この森で起きた悪いことは全てハリネズミのせいだと。
そんなラッテは、当然カボチャの水を分けてもらったこともなかったので『すべて自力で生きていく!』ということを決意した。
そんなラッテの縄張り前に、木の上に住んでいるリスのチュムがどんぐりを落としてしまう。
ラッテとそれほど仲は良くなかったため、チュムはどんぐりを拾いたいが気まずくなり取れずにいた。
そんなチュムにラッテが、どんぐりを拾いチュムに返す。
どんぐりを拾ってもらったのだから潔く帰ればよかったチュムだが、ラッテの足元に少量の水があることに気づく。
そこでチュムは、ラッテに水を一人占めにするのはよくない!と言う。
そのことがきっかけでカボチャを壊してしまう。
カボチャに溜めていた水がすべてこぼれてしまったのだ・・。
動物の大人たちはこの騒動で何があったのかをチュムに問う。
チュムが答える前に、大人の動物たちはラッテの仕業だ!と言い放つ。
だが、チュムは「わざとじゃ無いけど自分がやってしまった」ということを伝える。
そこへカラスが飛んできて昔あった出来事を話す。
その内容は、ある昔に熊の王がホワイトマウンテンの頂上にあった魔法の水の石を盗んでいったことが原因で干ばつが始まった。
なので、森に水を復活させようとするには熊の王から魔法の水の石を取り返し、元あった場所に戻す必要があったのだ。
だが、その話を聞いた大人たちは誰一人信じることをせずに現状をどうやりくりするかを話し合っていた。
そこでラッテが「私が熊の王から魔法の水の石を取り返してこの森に水を復活させてみせる!!」と宣言し、熊の王の元へと旅立った。
ラッテだけでは、危険すぎると思ったチュムはラッテと一緒魔法の水の石を取り返す旅に出る!

出演者 アシュリー・ボーナンシン、ダニー・フェーゼンフェルト、カーター・ヘイスティングス、ヘンイング・バウム
監督 レジーナ・ウェルカー、 ミミ・メイナード
原題 Latte & the Magic Waterstone
製作年 2019年
製作国 ドイツ
上映時間 89分

【hulu】 【映画】 【アニメ】 【FOD】 【dTV】

洋画, ファンタジー, アドベンチャー, か行

ディズニーの新作!CMを見ていると若干「不思議の国のアリス」に似ているな~という印象があります。
総製作費は80億円以上だったが、批評家からは酷評され、興行的にも失敗だったという。クリスマスの夜におじさんから、ちょっと変わったくるみ割り人形をもらった少女メアリー。実はその人形は、悪いネズミの王様から魔法をかけられた、おもちゃの国の王子様の変わり果てた姿だった。ネズミの王様に乗っ取られたおもちゃの王国は、すでに悪いネズミの王様に焼かれようとしている。果たしてメアリーたちは王子様と王国を救うことができるのか?
出演 エル・ファニング、ネイサン・レイン、ジョン・タトゥーロ、チャーリー・ロウ
監督 アンドレイ・コンチャロフスキー
原題 The Nutcracker
制作年 2010年
制作国 イギリス、ハンガリー
上映時間 108分

【hulu】 【映画】 【アニメ】 【FOD】 【dTV】

洋画, アニメ, コメディ, アドベンチャー, さ行

シュガーラッシュ2の上映日は、12月21日です。
好奇心旺盛なレーサーでプリンセスのヴァネロペと、心優しい悪役キャラクターのラルフは大親友。ある日、ヴァネロペが暮らすアーケードゲーム「シュガー・ラッシュ」が故障し、廃棄処分の危機に陥ってしまう。シュガー・ラッシュを救うべくゲームの世界から飛び出した2人は、刺激的だけど恐ろしい危険も潜むインターネットの世界に足を踏み入れるが‥。アナとエルサ、シンデレラ、白雪姫らディズニー作品やピクサー作品のプリンセスたちをはじめ、多数のディズニーキャラクターが登場する。
出演 ジョン・C・ライリー、サラ・シルヴァーマン、クリステン・ベル、マンディ・ムーア、ケリー・マクドナルド、タラジ・P・ヘンソン、アラン・テュディック、アウリイ・カルバーリョ、ミン・ナ(ミンナ・ウェン)、ジェームズ・コーデン
監督 リッチ・ムーア、フィル・ジョンストン
原題 Ralph Breaks the Internet
製作年 2018年
製作国 アメリカ
上映時間 113分

【hulu】 【映画】 【アニメ】 【FOD】 【dTV】