アニメ, TVアニメ, アクション, コメディ, は行

待ちに待った3期!!!
太宰がポートマフィアに所属している時代の話(?)から始まっています。 中也の発言が凄く気になるんですが、時系列的に考えると中也が ポートマフィアに入る前っぽいですけど‥。
1話の一番最初でそう感じた人はその通り!!!
中也は未成年の者たちが結成した羊というグループのリーダーとして所属していた。 中也はポートマフィアの先代がこの町にしたことを恨み‥憎んでいる。
森さんが殺したはずの先代が地獄から生き返ったという情報が流れる。 そこから中也からアラハバキについての情報を聞き出す。
太宰と中也の出会いはそこからである。 森さんは昼夜と太宰二人のやり取りを見て相性の良さを感じ取ったのもこの時ですね(笑)
太宰と中也二人の共同任務は中也がポートマフィアに所属する前だったんですね! そこが知れて中々面白いと感じました。
3期は現在の探偵社に所属してからの話ではなく、ポートマフィアに所属していた時の話なんでしょうかね?
出演 上村祐翔、宮野真守、細谷佳正、神谷浩史、豊永利行、花倉洸幸、嶋村侑、諸星すみれ、小見川千明、小山力也
監督 五十嵐卓哉
制作年 2019年
制作国 日本

【hulu】 【映画】 【アニメ】 【FOD】 【dTV】

洋画, アクション, は行

ある日地球に正体不明の怪獣が突如現れ、各国を襲う。
国民はパニック!! 一回目の怪獣が現れた時は、それが最初で最後の災いの訪れだと誰しもがそう思っていた。 しかし、その考えは違っていてこれが災いの始まりであった‥。
各国の政府は、全国で同盟を組み怪獣が再来してきたときすぐに対処できるように戦闘巨大ロボット=イエーガーを造ることを決心。
だが、その巨大ロボットを操縦するパイロットに負担がかかりすぎてしまい最悪死に至ることがある。 そこでパイロットを2人にすることによって負担を軽減する作戦にでる。 右脳左脳で分け、二人の相互性がないと操縦で自制が効かなくなり破滅となる‥。
序盤、作戦は順調に進みイェーガーの活躍によって怪獣を撃退する。しかし次第に怪獣の襲来頻度は増加。莫大な費用がかかる上に犠牲になるパイロットも増えていき、遂にイェーガーの作戦中止が決定してしまう。その後、元パイロットで怪獣との戦いで兄を喪ったローリーは、海沿いに巨大な壁を建設し怪獣の侵入を阻止しようとする「命の壁計画」に参加するが、壁の天辺で犠牲者が出て、しかも怪獣によって壁も簡単に突破されてしまうという。
壁を建築しているものからすると厳しい条件でいつ自分が死んでもおかしくないのにこんなに簡単に壁が壊されるなんて‥という感情で仕事へのやる気がなくなる。
出演 チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、芦田愛菜
監督 ギレルモ・デル・トロ
原題 PACIFIC RIM
制作年 2013年
制作国 アメリカ
上映時間 131分

【hulu】 【映画】 【アニメ】 【FOD】 【dTV】

洋画, アクション, は行

ホッパー兄弟の兄(ストーン)は、海軍で弟(アレックス)は大の大人になっても相変わらずで波乱万丈な生活を送っていた。 そんな弟の誕生日に兄からケーキと今後の職について助言を行う。 ストーンは、アレックスに自分と同じ海軍に入ることを進める。 しかし、アレックスはバーで出会った女性に一目ぼれをし、女を選択した。
アレックスが一目ぼれした女性はなんと!海軍の指揮監督だったのだ。
アレックスは、バーで酔っ払いその女性に惚れてもらうためにコンビニで問題を起こしてしまう‥。 そこまでして惚れてもらいたいのか!と感ましたが‥w そんな問題を起こした弟に対して怒りを抑えることができず、強制的に海軍に入隊するように命じる。
ハワイ沖の太平洋上で大規模な軍事演習を行っていた。 海軍に入隊した後でも問題を起こしてしまったりで一目ぼれした女性との結婚の話を指揮監督に持ち掛けようとするが‥ まずアレックス自身が認めてもらうところからなので中々厳しそうで‥。
アメリカを中心とした世界各国の護衛艦隊の前に、突如として正体不明のエイリアンの母船が出現。地球側の呼びかけ応じることなく、侵略を始める。演習に参加していた米海軍の新人将校アレックスや、アレックスがライバル心を抱いている海上自衛隊の指揮官ナガタらは、弱点もわからない謎の侵略者と相対することになる。
アレックスの兄ストーンと部下たちが殺され、その仇を打つべくアレックスは指揮を取り、エイリアンに立ち向かう。
出演 テイラー・キッチュ、浅野忠信、ブルックリン・デッカー、リアーナ、アレキサンダー・スカルスガルド、リーアム・ニーソン
監督 ピーター・バーグ
制作年 2012年
制作国 アメリカ
原題 Battleship
上映時間 131分
【動画】

【hulu】 【映画】 【アニメ】 【FOD】 【dTV】