日本映画, アニメ, ラブストーリー, か行

実写版の映画にもなった感動作品。
ある日、病院で志賀春樹は小説のような日記が落ちているのを見つけ、持ち主が現れるまで日記の中身を見ていた。
その日記には、『膵臓が悪い』と書かれていた。
そこへ同じ高校に通い、同じクラスメイトで人気者の山内桜良が現れたのであった。
桜良は、春樹に「病気のことは、誰にも言わないでほしい」と言う。
桜良は、残り僅かな時間でいつも通りの生活ができなくなってしまうことが勿体ないと思ったからである。
春樹は勿論のこと、桜良の病気のことについて秘密を守った。
膵臓の病を抱える桜良の秘密の闘病日記(共病文庫)を見つけたことをきっかけに、余命残り僅かな時間を一緒に過ごすことが多くなっていく。
桜良と春樹が仲良くしているところを見てからクラス全体がざわめきだした。
人気者の桜良といつも一人でいる春樹がどうして仲良くなったのか。
そんなある日、桜良と春樹は桜良のリクエストで旅行に行くこととなった。
春樹は、行き先を教えてもらえずついて行ったのだが、桜良の大きなカバンを見て「なんでそんなに大荷物なの?」と聞いた。
すると桜良は、当然かのように「お泊り旅行」と言ったのだ。
日帰り旅行と思っていた春樹は、驚いた。
桜良は、親に初めて嘘ついちゃったと言い、『恭子とお泊り旅行』と伝えてきたらしい。
そんな旅行で1泊するホテルは高級ホテルだった。
すべて桜良の貯金で宿泊することとなった。
当然別々の部屋で泊まるものだと思っていた春樹は、桜良に「ホテル側の手違いで1部屋しか抑えることができなかったようで一緒の部屋に泊まることになったけど、いいよね?」と言われ春樹は再び動揺した。
春樹は、一応男子のため女子と一緒のベッドで寝ることも拒否するが、最終的には桜良の押しに負けて一緒に寝ることなった。
無事に旅行から帰宅し、学校へ登校する。
クラスでは桜良と春樹は、付き合っているのか?という噂が広まり、恭子にも睨まれ、上履きなどを捨てられたりする生活が始まった。
桜良もそんな春樹を見て、学校で話すことはやめて桜良の家で会うことにしようと提案した。
春樹は、そこまでしてなぜ桜良に会う必要があるのかわからなかった。
それでも桜良の生きているうちにやりたいことに付き合う春樹。
春樹が桜良の家から帰宅しようとしたとき、背後からクラスの委員長が「家こっちの方向じゃないよね?なんで桜良さんの家にいたのかって聞いてるんだけど」と声をかけてきた。
春樹は、桜良から元カレのことを聞いていた。
そのことを思い出し、友達の恭子に進めてもらった嫉妬心の強いねっちこい人間。
その相手は、まさかのクラスの委員長だった!!

出演 高杉真宙、Lynn、藤井ゆきよ、内田雄馬、三木眞一郎、田中敦子、福島潤、和久井映見 監督 牛嶋新一郎
製作年 2018年
製作国 日本
上映時間 108分
上映日 2018年09月01日

【hulu】 【映画】 【アニメ】 【FOD】 【dTV】

日本映画, アニメ, ファンタジー, か行

宮崎駿監督の作品となります。
この作品では、小人が人間の使っている物を借りて生活している物語り。
決して人間に姿を見られてはいけないこと。
そんなある日、アリエッティは父と一緒に借りに出かけた。
母から角砂糖とティッシュが欲しいと頼まれた。
父はベテランで借りのやり方をアリエッティに見せていた。
父の姿を見たアリエッティは、『凄い!』と興奮した。
角砂糖が手に入り、次に向かったのはティッシュの借り。
ティッシュを借りる部屋には、小人サイズの見事なアンティーク調のドールハウスがあったのだ。
ドールハウスを見たアリエッティは、「母にプレゼントとして持って帰ったら絶対に喜ぶわ!」と父に言うが、「ここの物を持って帰ってしまうと必ずバレるからダメだ。」と言われ断念する。
ティッシュの元までたどり着くことが出来た。
アリエッティは、父と一緒にティッシュの端を引っ張り上げて1枚取ろうとしたとき・・!
なんと目の前にベッドに横になっている少年がこちらを見ていたのだ。
目が合ったアリエッティは、姿を見られてしまったのだ。
父は、アリエッティが座り込む姿を見て「ティッシュは諦めよう。」と言い、途中で引っ張るのをやめた。
アリエッティも急いで家に戻ろうとしたとき、少年から話しかけられる。
だが、アリエッティは答えることなく家に帰って行った。
アリエッティは、父に「このことは母さんには黙っておくんだよ。母さんは心配性だから。」と言われる・・。

出演者 志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、藤原竜也、三浦友和、樹木希林、羽鳥慎一、吉野正弘 br> 監督 米林宏昌
上映日 2010年07月17日
制作年 2010年
制作国 日本
上映時間 94分

【hulu】 【映画】 【アニメ】 【FOD】 【dTV】

日本映画, アニメ, か行

主人公の石田将也。将也はやんちゃな小学生であり、 将也はクラスの中で特にいじめられることもなく陽気に過ごしていた。
そんな将也がいるクラスに転入生の女の子がやってくる。
その子の名前は西宮硝子。
先生から自己紹介するように言われた硝子だったが、何故か自己紹介を中々始めない・・。
先生は、硝子の方をポンっと合図すると硝子はランドセルからノートを取り出し、文字で自己紹介を始めた。
その行動を見た生徒たちは、ザワザワし始める。
硝子はそんな中ノートで『耳が聞こえません』という文字を生徒たちに見せる。
生徒たちは唖然とし、硝子は『ノートを通して皆と仲良くなりたい』と伝える。
そんな硝子と仲良くなるためにクラスの女子たちは硝子のノートに字を書く。
硝子は、みんなと仲良く小学校生活を過ごすことができて楽しい日々を送っていた。
ところが国語の授業内で植野が、棒読みで音読したことで先生に「もういい」と言われ、植野は威厳を損ねる。
植野の次に音読したのが、硝子だった。
耳の聞こえない硝子は、周りの子と同じように音頭しているつもりだったが、上手く言葉にできていなかったのだ。
そんな姿を見た植野は、自分よりもひどいのに先生は特に何も言わないことに腹を立てた。
その植野を見ていた将也は、ふざけて硝子の真似をして音読を始めた。
そこから硝子へのいじめが始まる・・。
硝子を避けたり、授業中に硝子の耳元で大声を上げたり補聴器を投げ捨てたりの悲惨ないじめであった。
硝子の補聴器が壊れたり、消失していたことを気にした硝子の母親は学校へいじめがあるのではないかとの連絡を入れる。
もちろん将也の行動が一番目立っていたこともあり、担任教師が将也のことを犯人として「立て」と怒鳴る。
担任は、将也の隣に座っていた植野に将也が取っていた行動を見てどう思ったかを聞く。
植野は、将也を裏切るかのように「ちょっとやりすぎだと思ってました」と答える。
他の生徒たちからも将也1人が悪いとの声があり、その日将也が帰宅した後に硝子の元に謝りに行くこととなった。
硝子の母親は、将也の母親が謝ってきたことで許したように見えたが・・将也の母親が将也に返ってきたとき、何故か母親の耳元から血が流れていた。

出演者 入野自由、早見沙織、悠木碧、小野賢章、金子有希、石川由依、藩めぐみ、豊永利行
監督 山田尚子
制作年 2016年
制作国 日本
上映時間 129分
上映日 2016/09/17

【hulu】 【映画】 【アニメ】 【FOD】 【dTV】