洋画, アクション, あ行

前作「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」で、宇宙最強の敵サノスに立ち向かうも、ヒーローたちを含めた全人類の半分を一瞬で消し去られてしまうという敗北を喫したアベンジャーズが、残されたメンバーたちで再結集し、サノスを倒して世界や仲間を救うため、史上最大の戦いに挑む!
サノスが奪った半数の命を取り戻すためにマーベルシリーズのヒーローたちが団結するシーンがとてつもなくかっこよかったです。
タイムスリップをして6つの石を回収する。タイムスリップした先に居る自分たちの過去の姿が映ったりするシーンも良いな~としみじみ感じました。
この作品をみて感じたのは失った命を蘇らせる=今生きている命と引き換えになってしまうこと。 5年前に失った命からヒーロー2人の命と引き換えに‥。 しかもその二人はサノスに負けた後も家族を持ち生活できていた者たち‥。だからこそ生きてほしかった、誰も命を落としてほしくなかったと感じました。
でも2人とも最後までかっこよく、これがヒーローというものなんだと感じさせられました。
私的にこの作品を見る前に前作「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」を必ず見たほうがいいと思います!!
前作を見てから今回の新作を見るとよりストーリー性を感じることができるのと、感動することができると思ったからです。 あくまでも私個人の意見です‥。 マーベル作品の大ファンであればとっても感動できる作品と思いますので是非大スクリーンでご覧ください!
出演 ロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、クリス・ヘムズワース、スカーレット・ヨハンソン、マーク・ラファロ、ジェレミー・レナー、ドン・チードル、ポール・ラッド、ブリー・ラーソン、カレン・ギラン
監督 アンソニー・ルッソ 、ジョー・ルッソ
原題 Avengers: Endgame
製作年 2019年
製作国 アメリカ
上映時間 182分

【hulu】 【ビデオパス】 【映画】 【アニメ】 【FOD】 【dTV】

洋画, アクション, あ行

イドが鉄くずだらけのごみの中から見かけはAIの脳を持ったロボットを拾う。
イドは町医者で様々な部品をきれいに修正することで有名であった。 AIのロボットも胴体がなかったがきれいに修理されていた。 そのAIは記憶をなくしたまま自分の名前を思い出すこともできない。
その少女につけた名前は「アリータ」。イドの今は亡き娘の名前。 それとアリータにつけた胴体は元々娘のために作られたものだったのだ。
アリータはそのことを後から知る。 そして、アリータは本当のイドを知る。イドはハンター(汚れ仕事をしていた)だったのだ。 ヒューゴとも仲良くなり、二人の時間も増えやがて恋をする。
しかし、アリータは元々上の世界に居た存在。 その世界で暮らしていたことは一切覚えていない。 戦いをしたときに過去の記憶がよみがえる。
アリータは、自分が300年前に失われたはずの最終兵器として作られたことを知り、そんな兵器としての彼女を破壊するため、次々と凶悪な殺人サイボーグが送り込まれてくる。アリータは、あどけない少女の外見とは裏腹の驚異的な格闘スキルをもって、迫り来る敵たちを圧倒していく。
だが、その戦いのせいで大事なものを次々と失ってしまうことになる。
ヒューゴも命を狙われ、二人で上の世界で過ごすこともできなくなってしまう。ヒューゴが倒れた時涙腺崩壊しそうになりました。 アリータがどんどん可哀そうになってきます。でも、その経験からアリータはみるみるうちに強くそしてたくましくなっていきます。 話の続きが気になります! アリータ2はいつ出るのしょうか!!わくわく
出演 ローサ・サラザール、クリストフ・ヴァルツ、ジェニファー・コネリー、マハーシャラ・アリ、ジャッキー・アール・ヘイリー、エイザ・ゴンザレス、エド・スクライン、ラナ・コンドル、エル・ラモント、マルコ・サロール
監督 ロバート・ロドリゲス
原題 Alita: Battle Angel
製作年 2018年
製作国 アメリカ、カナダ
上映時間 122分

【hulu】 【ビデオパス】 【映画】 【アニメ】 【FOD】 【dTV】

洋画, アクション, ファンタジー, あ行

地上で生きる人間とアトランティスで生きる人類。生きる世界が違う者同士が偶然出会いそこで恋に落ちる。 しかも、アトランティスの王女と恋に落ちた地上に生きる男性。
その二人の間に生まれた少年の名はアーサー。 アーサーには地上と海底の世界を繋ぐそういう存在になって欲しいと母の願いがあった。
母はアトランティス帝国に戻るように警告され、夫とアーサーを危険なことから守るため潔く自分で戻るように決断する。 母は必ず戻るから私を忘れないで・と言い海の中へ。
それから月は経ち、アーサーがすっかりたくましくなり‥海賊を倒すくらいの偉大さに育った。 アーサーの住む町でもアクアマンという名でアーサーは有名人だった。
アーサーは海に住む生き物と心を通じ合わせることができ、海底の人類ともかかわることができる。 しかし、地上に生きる人間と海底の人類の混血の子ということでのけ者扱いをされる。
そんなアーサーに今から起こる戦いを止めてほしいと現在の王女メラに依頼される。 しかし、アーサー自身は自分は関係ない、王でもなければ何もできることはないなどと断り続ける。 悲劇はここから始まり、父親を乗せた車ごと津波に飲まれてしまう。
メラが運良く助けに来てくれたおかげで父親は息を取り戻した。 そこでメラに感謝し、メラからの依頼を引き受けることにする。 (現在の王はアーサーの弟オーム) オームを止めてほしい‥本当の王はアーサーなの。と言われ続けるアーサー。
アーサーは戦いを止めるために母から受け継いできた武器ではオームに勝つことができず、トライデントを手に入れるためメラとアーサーは探し求める! なんと!母との再会も‥!!!
母との再会ができたときのシーンは感動ものです。 涙腺崩壊しそうになりながらこらえるの必死でした。今のところこの映画は今年一かな~と思い位最高傑作だと思います。 アクションでありながらもこういう感動させるような場面もあるってなかなかいい作品だと思いました。
出演 ジェイソン・モモア、アンバー・ハード、ウィレム・デフォー、パトリック・ウィルソン、ドルフ・ラングレン、アンバー・ハード、ニコール・キッドマン
監督 ジェームズ・ワン
原題 Aquaman
製作年 2018年
製作国 アメリカ/オーストラリア
上映時間 143分

【hulu】 【ビデオパス】 【映画】 【アニメ】 【FOD】 【dTV】